メニュー閉じる

*むしめがね【虫眼鏡】

(とつレンズを使って,その焦点距離(しょうてんきょりの内(がわに物体をおき,明視(めいし距離(きょり拡大(かくだいされた虚像(きょぞうをつくって観察(かんさつする器具(きぐ。ルーペ・拡大鏡(かくだいきょうともいう。ふつう,目をレンズに近づけてものをみるが,このときの虫めがねの倍率(ばいりつは,レンズの焦点距離(しょうてんきょりf, 明視(めいし距離(きょりD ((やく25cm)とすれば,だいたい(1+)であたえられる。また,目を焦点(しょうてん距離においたときの倍率(ばいりつとなる。

コーチ

 倍率(ばいりつが大きくなると(ぞうがぼけるので,10倍ぐらいまでが多く用いられる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP