メニュー閉じる

*むせいせいしょく【無性生殖】

精子(せいし(らんなど性細胞(せいさいぼうによる有性生殖(ゆうせいせいしょく以外(いがいのすべての生殖(せいしょくをいう。(おす(めす(せい無関係(むかんけい生殖(せいしょくで,分裂(ぶんれつ出芽(しゅつが無性胞子(むせいほうし栄養生殖(えいようせいしょくなどがある。

〔植物の無性生殖(むせいせいしょく

 ジャガイモの塊茎(かいけいやオニユリのむかごなどは,それから(が出て,新しい個体(こたいになる。こういう無性生殖(むせいせいしょく栄養生殖(えいようせいしょくという。シダ植物やコケ植物は無性胞子(むせいほうしをつくって繁殖(はんしょくする。

〔動物の無性生殖(むせいせいしょく

 ヒドラは体の一部がふくらんできてそれが分かれて2つの体になる。これはコウボの場合と同じように出芽(しゅつがという。単細胞(たんさいぼう生物である原生動物はおもに分裂(ぶんれつによってふえるが,ゾウリムシなどのように,接合(せつごうという有性生殖(ゆうせいせいしょくを行うものもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP