メニュー閉じる

むなかた【宗像(福岡県の都市)】

福岡(ふくおか県の北部にある都市。米・ミカン・牛乳(ぎゅうにゅう鶏卵(けいらんなどを(さんする農村地域(ちいきであったが,1960年代から大学や住宅団地(じゅうたくだんちが進出し,住宅衛星(じゅうたくえいせい都市として発展(はってんしている。総合(そうごう文化施設(しせつ宗像(むなかたユリックス・むなかたリサーチパークなどがあり,学術(がくじゅつ都市としての特徴(とくちょうももつ。沖合(おきあいにある沖ノ島(おきのしまは多くの国宝(こくほう重要文化財(じゅうようぶんかざいを有し「海の正倉院(しょうそういん」とよばれる。◇2003(平成(へいせい15)年4月1日,玄海(げんかい町と合併(がっぺい。2005(平成(へいせい17)年3月28日,大島(おおしま村が編入(へんにゅう。人口:9.5万。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP