メニュー閉じる

むろとたいふう【室戸台風】

1934(昭和9)年9月に日本列島をおそい,本州・四国・九州に大きな風水害(ふうすいがいをあたえた台風。上陸(じょうりくした室戸岬(むろとざき最低気圧(さいていきあつ911.9hPa(ヘクトパスカル)を観測(かんそくした。この台風による被害(ひがいは,死者2702人,行方不明(ゆくえふめい334人,家屋(かおく全壊流失(ぜんかいりゅうしつ4万戸,船舶(せんぱく2万7594(せきである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP