*めいおうせい【〈冥〉王星】

太陽(けい準惑星(じゅんわくせい。長い間太陽(けいの9つ目の惑星(わくせいとされてきたが,2006年8月の国際(こくさい天文学連合(れんごう総会(そうかい準惑星(じゅんわくせいとされた。太陽からの平均距離(へいきんきょりは59(おく1510万km,公転周期(しゅうきは247.796年である。軌道(きどう(かたむきは地球軌道(きどう面に対して17度,離心率(りしんりつは0.25で,太陽(けいの8つの惑星(わくせいよりも(かたむきが大きく,いびつなだ円軌道(きどうをもち,公転の途中(とちゅうで海王星の軌道(きどうの内(がわに入ることもある。質量(しつりょうは地球の435分の1,直径(ちょっけいは2370km,光度は(やく14等である。表面(ひょうめんはおもにメタンの(こおりにおおわれていると考えられている。変光周期(へんこうしゅうきからもとめた自転周期(しゅうきは6.4日。1930年にアメリカ合衆国(がっしゅうこくのトンボーが発見した。5つの衛星(えいせいをもつ。

PAGETOP