めいしのきょり【明視の距離】

目をつかれさせないで物体をはっきりと見ることのできる,物体と目との距離(きょり。物体を見るときには,近すぎるとよく見えなくなる。見える限界(げんかい近点(きんてんという。明視(めいし距離(きょり近点(きんてんは人によって(ことなる。明視(めいし距離(きょりはこの近点(きんてんより遠く,ふつう(やく25cmといわれる。◇光学では25cmとしている。

PAGETOP