メニュー閉じる

メトロノーム

音楽で,正しい速度(テンポ)を(しめすために,1分間の拍数(はくすうをはかる拍子(ひょうし測定器(そくていき。1815年にメルツェル(ドイツの音楽教師(きょうし)が発明したもので,(り子の原理を応用(おうようしてある。楽譜(がくふ拍子(ひょうしを指定するときは,M.M.(メルツェルのメトロノームの意)のあとに音符(おんぷと数字(1分間の拍数(はくすう)を書いて(しめす。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP