メニュー閉じる

メヌエット

古くからあるフランスの舞曲(ぶきょく。ルイ14世時代に宮廷舞踊(きゅうていぶようとしてとりいれられ,上流社会で流行した。4分3拍子(びょうしのかなりゆるやかで優美(ゆうびな,サロンふうの舞踏(ぶとう曲で,古典(こてん組曲などではジーグ(舞曲(ぶきょく一種(いっしゅ)の前におかれた。最初(さいしょは二部形式のものが多かったが,ハイドン・モーツァルト以後(いごは,中間部のトリオとともに複合(ふくごう三部形式をとることが多い。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP