メニュー閉じる

メビウスのおび【メビウスの帯】

1(まい(おび両端(りょうたんを1回ねじって,輪状(わじょうにつないだもの。この(おび()には,片面(かためんしかないという。つまり,ある面を外(がわとして線をひいていくと,元来両面であった面すべてに線がひかれるので,外(がわと内(がわ区別(くべつがつけられない(おびになっている。◇メビウス(1790〜1868年)によって(しめされた従来(じゅうらいにない幾何(きか学の見解(けんかい一例(いちれい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP