メリキップス

新生代の一時期に生息していたウマ。肩高約(けんこうやく1m。草原に住み,草を常食(じょうしょくとするようになった最初(さいしょのウマ。地面の草が食べやすいように首が長くなり,草をすりつぶす臼歯(きゅうし発達(はったつしていた。前後の足にある3本の指のうち,中央の指だけが地面について体重をささえ,発達(はったつした(けんとともに速く走るのに(てきした構造(こうぞうとなった。

PAGETOP