めんざいふ【免罪符】

カトリック教会が,信者(しんじゃ(つみをゆるすあかしとして販売(はんばいした証書(しょうしょ。11世紀(せいきごろから,教会の収入源(しゅうにゅうげんとなっていた。1514年に法王(ほうおうレオ10世がサン=ピエトロ大聖堂(せいどう改築費用(かいちくひよう(るために売りだしたものは,規模(きぼが大きく,ルターが宗教改革(しゅうきょうかいかくをおこすきっかけとなった。◇贖宥符(しょくゆうふともいう。

PAGETOP