**めんせき【面積】

前後左右に広がりをもったものが,平面または曲面上でしめる広さをいう。面積(めんせきを表すには,もとめる面積(めんせきが,ある基準(きじゅんになる面積(めんせき単位(たんい)の何倍にあたるかを(しめす数を使う。

〔三角形の面積(めんせき



 底辺(ていへんa, 高さがh の三角形の面積(めんせきS とすると,

 S = ah

〔平行四辺形(しへんけい面積(めんせき



 底辺(ていへんa, 高さがh の平行四辺形(しへんけいの面積をS とすると,

 S = ah とくに,長方形の面積(めんせきは,((たて)×(横)でもとめられる。

〔台形の面積(めんせき



 上底(じょうていの長さa, 下底(かていの長さb, 高さがh の台形の面積(めんせきS とすると,

 S = (a + bh

〔円の面積(めんせき



 半径(はんけいr の円Oの面積(めんせきS とすると,

 S = πr 2 ただし,円周率(えんしゅうりつπ(パイ

〔おうぎ形の面積(めんせき



 半径(はんけいr, 中心角a °のおうぎ形の(の長さを,面積(めんせきS とすると,

 S = πr 2 ×  = 

ℓ = 2πr ×  これは,半径(はんけいr の円の円周(えんしゅう面積(めんせきのそれぞれになる。

PAGETOP