メンデルスゾーン(フェリックス=)

(1809〜1847)ドイツの作曲家・指揮(しき者。9(さいのときにピアノ奏者(そうしゃとしてデビュー。17(さいでシェークスピアの『真夏の夜の(ゆめ』の序曲(じょきょくを書いた。創作(そうさく活動をつづけながら,指揮(しきもし,各地(かくち演奏(えんそう旅行を行った。1843年にライプツィヒ音楽院を創設(そうせつ,後進の指導(しどうにもつくした。かれの作品はすなおな感情表現(かんじょうひょうげんや幸福感にみちたのびやかな明るさがある。代表作は『バイオリン協奏(きょうそう曲ホ短調』,序曲(じょきょく『フィンガルの(どうくつ』,交響(こうきょう曲『スコットランド』,ピアノ曲『無言歌集(むごんかしゅう』など。

PAGETOP