メニュー閉じる

モチノキ【〈黐の木〉】

海に近い暖地(だんちに自生し,庭木にもされる常緑(じょうりょく高木。樹皮(じゅひから「とりもち」をつくるのでこの名がついた。また,(ざいはかたく,細工物や印材(いんざいとなる。葉は互生(ごせい雌雄異株(しゆういしゅで,花は葉のわきにつく。果実(かじつは丸い液果(えきかで,秋から冬に(じゅくして赤くなる。花期:4月。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州・沖縄(おきなわ台湾(たいわん・中国。(被子植物(ひししょくぶつ モチノキ(もく モチノキ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP