メニュー閉じる

*モヘンジョ=ダロ

パキスタン南部,インダス川西岸にある,インダス文明の都市遺跡(いせき紀元(きげん前2500〜前1500年ごろにさかえたと考えられ,西に(じょうさい,東に市街(しがい地があり,建造(けんぞう物はすべてれんがづくり。(じょうさいには大穀物倉庫(こくもつそうこ浴場(よくじょう・集会(どうなどがある。市街(しがい地は高度な都市計画により,大通りがごばん目(じょうに走り,排水設備(はいすいせつびがととのっている。象形(しょうけい文字のある印章(いんしょう土器(どき青銅器(せいどうき宝石(ほうせきなども多数出土。ほろびた原因(げんいんについては諸説(しょせつがある。→インダス文明(ぶんめい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP