メニュー閉じる

もりしげひさや【森繁久彌】

(1913〜2009)昭和(しょうわ平成時代(へいせいじだい俳優(はいゆう大阪府(おおさかふ(まれる。1936(昭和(しょうわ11)年,大学(だいがく中退(ちゅうたい喜劇劇団(きげきげきだん(はいるが,日中戦争(にっちゅうせんそうがはじまって39年にNHK(日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい)に(はいり,アナウンサーとして(きゅう満州(まんしゅう中国(ちゅうごく東北部(とうほくぶ)に(わたる。50年にラジオ番組(ばんぐみ愉快(ゆかい仲間(なかま」で注目(ちゅうもく(び,52年の映画(えいが三等重役(さんとうじゅうやく」,55年の「夫婦善哉(めおとぜんざい」で喜劇役者(きげきやくしゃとして人気(にんき(はくす。(しぶいユーモアをたたえた演技派(えんぎはとして(たか評価(ひょうか(け,その((おおくのシリーズ映画(えいが,テレビドラマに出演(しゅつえんした。「屋根(やねの上のヴァイオリン(き」などの舞台劇(ぶたいげきでも活躍(かつやく。ラジオドラマや朗読(ろうどくにも定評(ていひょうがあり,「知床旅情(しれとこりょじょう」など独特(どくとく歌声(うたごえ節回(ふしまわしの(うたは「森繁節(もりしげぶし」といわれて人気(にんきがあった。1991(平成(へいせい3)年,文化勲章(ぶんかくんしょう受章(じゅしょう没後(ぼつご国民栄誉賞(こくみんえいよしょう授与(じゅよ決定(けっていした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP