メニュー閉じる

モリソンごうじけん【モリソン号事件】

幕末(ばくまつ期の1837年,日本人漂流民(ひょうりゅうみんを乗せて浦賀(うらが神奈川(かながわ県)(おき来航(らいこうしたアメリカ船モリソン号を,幕府(ばくふ砲台(ほうだい砲撃(ほうげきした事件(じけん。この幕府(ばくふ処置(しょち渡辺崋山(わたなべかざん高野長英(たかのちょうえいらが批判(ひはんしたことから,やがて蛮社(ばんしゃ(ごくがおこされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP