メニュー閉じる

モルワイデずほう【モルワイデ図法】

面積(めんせきが正しく表される正積図法(せいせきずほうの1つ。緯線(いせんは平行線で,高緯度(いどになるほど間隔(かんかくがせまくなる。経線(けいせんは中央経線(けいせんが直線で,他は曲線をえがいている。中央経線(けいせんと赤道との長さの(は1対2。緯度(いど40度付近(ふきんの形のゆがみが少ないので,中緯度(いどの国々をえがくのに(てきしている。◇1805年にドイツ人モルワイデが考案(こうあんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP