メニュー閉じる

*モンキチョウ【〈紋黄蝶〉】

日本全土にふつうに見られるチョウ。南西部では第1化の春型(はるがたは3〜4月,第2化の夏型(なつがたは5月下旬(げじゅん〜6月にあらわれ,その後,連続的(れんぞくてきに発生して秋おそくまで見られる。幼虫(ようちゅう越冬(えっとうする。川原・土手・畑地・高原など,日あたりのよい草地をすばやく(び,いろいろな草花にくる。幼虫(ようちゅうの食草はコマツナギ・ミヤコグサ・ウマゴヤシなど。開張(かいちょう:40〜50mm。(られる時期(じき:3(がつ(あき分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどうから沖縄(おきなわまで。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく シロチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP