メニュー閉じる

**モンシロチョウ【〈紋白蝶〉】

(もっともふつうに見られるチョウ。キャベツやダイコンなどを食草とすることから,害虫(がいちゅうとされることもある。本州中部では3月中旬(ちゅうじゅんから羽化を始め,11月までに年6〜7回発生をくりかえす。さなぎで越冬(えっとうする。日あたりのよい開けた環境(かんきょうをこのみ,日光の直射(ちょくしゃしない林には見られない。タンポポやアザミ・コスモス・セイタカアワダチソウなどの花で(みつをすう。開張(かいちょう:44〜45mm。(られる時期(じき:2(がつ(あき分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどうから沖縄(おきなわまで全国各地(かくち。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく シロチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP