メニュー閉じる

レマルク(エーリヒ=マリーア=)

(1898〜1970)ドイツの小説(しょうせつ家。第一次世界大戦(たいせん従軍経験(じゅうぐんけいけんをもとに1929年に『西部戦線異状(せんせんいじょうなし』を発表して世界に知られる作家になった。しかし戦争(せんそう告発(こくはつするこの小説(しょうせつのため,ヒトラーのひきいるナチス(ドイツの国家主義的政党(しゅぎてきせいとう)に迫害(はくがいされ,アメリカ合衆国(がっしゅうこく亡命(ぼうめいした。その後,第二次世界大戦(たいせん前後のパリを背景(はいけい不安(ふあんな世相をえがいた『凱旋門(がいせんもん』でふたたび文名を高めた。ほかに『(あいする時と死する時』など。◇1947年にアメリカ合衆国(がっしゅうこく移住(いじゅうした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP