淡路島・洲本市のひみつ

淡路島・洲本市のひみつ 小学5年生のコウタのおうちは洋食屋さん。引っ越しの下見のため、淡路島(あわじしま)・洲本市(すもとし)へ旅行に行くことに。淡路島は、日本の神話でイザナギ、イザナミという神様が最初に生んだ島といわれているよ。温泉や海水浴などが楽しめる場所や、おまつりなどのイベントもあって、たまねぎや淡路牛、春夏秋冬の海の幸と、おいしい食べ物もいっぱい! そんな洲本市のひみつを探っていこう!

まるごと読めるよ!今すぐクリック!!

淡路島・洲本市のひみつ

はじめに  えっ、旅行じゃないの!?
第1章  洲本市に到着
【コラム】ウェルネスパーク五色はいつでも楽しい総合公園
第2章  洲本市といえばたまねぎ!?
【コラム】淡路島の自然が育てるたまねぎ
【コラム】洲本市の農業
第3章  洲本市めぐり その1
【コラム】三熊山と大浜公園
【コラム】洲本市の工業
【コラム】国生み神話
第4章  洲本市めぐり その2
【コラム】自然が豊かな成ヶ島
【コラム】洲本市の漁業
【コラム】江戸時代と同じ味? 鳴門オレンジ
第5章  洲本市めぐり その3
【コラム】洲本市出身の有名人
第6章  洲本市めぐり 最終日
【コラム】たぬき伝説 ── 柴右衛門狸
【コラム】5つの姉妹都市
おわりに  洲本市での新しい暮らし

▲このページのトップにもどる