かつお節とだしのひみつ

小学5年生の男の子、カイトは、野菜が苦手(にがて)で、家でも学校でも、野菜がメインの料理は残してしまいがち……。それに比べて好物(こうぶつ)は、ハンバーグにカレーライス、ラーメン、焼肉と、野菜の少ない外国の料理ばかり! でも、ある日の夕食で、空腹(くうふく)といい香りにつられてなにげなく食べた野菜のお味噌汁(みそしる)が、とってもおいしいことに気付いたよ! その夜カイトの前に、不思議(ふしぎ)なねこが出現(しゅつげん)。ねこは、だしのおいしさを子どもたちに伝えるためにやってきた、かつお節(ぶし)の妖精(ようせい)、ねこ丸だった。カイトは、ねこ丸に連れられて、クラスメイトのマキちゃんと一緒に、大昔にタイムスリップしたり、かつお節とだしの研究所へ行ったりと、かつお節やだしの歴史や作られ方などのひみつをたずねていくよ!

第1章 この香り、おいしそうだにゃー
 かつお博士になろう
 かつお節はどうやってできるのだろう
第2章 このおいしさはなに?
 削り節でだしを取ってみよう
第3章 だしのおいしさを知らないなんて
 かつお節ってどんなもの?
第4章 かつお節はいつからあるの?
 かつお節の歴史を見てみよう
 かつお節を削ってみよう
第5章 教えて、だし博士
 かつお節・だし研究所ではなにをしているの?
 「かちゅー湯」ってなあに?
 だしってどうしておいしいの?
 ヤマキではたくさんの商品がつくられているよ
第6章 削り節の工場へ
 ヤマキの歴史を見てみよう
 削り節をつくる工場はこんなところだよ
 削り節のつくり方を見てみよう
第7章 そしてだしは世界へ
 世界から注目される和食とだしの文化

PAGETOP