お好み焼のひみつ

野菜よりも肉が好きなソウスケ。お料理が上手になりたいコノミ。お父さんと夕飯がなかなか一緒に食べられないのが寂しいヒロシの前に、ジュウジュウおばさんが現れる。「お好み焼には「食べることの大事がいっぱい詰まっていて」「お好み焼を食べればたいていのことは解決する」と言うジュウジュウおばさんは、3人を歴史の旅に連れて行く。やがて、お好み焼に興味を持った3人は、お好み焼の決め手がソースだということを知る。ソーズは何でできているのか、どうやってとろみがついているのか、ソースにはひみつがいっぱい。工場や研究所でそのひみつを探っていくよ。ジュウジュウおばさんにお好み焼の作り方を教わった3人は、自分の家に戻って、お好み焼の作り方の歌に合わせて、おいしいお好み焼を作るのだけれど・・・さて、ヒロシはお父さんと夕飯にお好み焼を食べることができたかな。

第1章 ジュウジュウおばさんがやって来る
第2章 奥が深いお好み焼の歴史
 粉ものの歴史を見てみよう
 広島のお好み焼と関西のお好み焼の歴史を紹介するよ
第3章 お好み焼の決め手はソース
 お好みソースの中身をクローズアップ
 お好みソースをつくっている会社の歴史をたどってみよう
第4章 お好みソースができるまで
 オタフクソースではいろいろな商品をつくっているよ
 お好みソースができるまでを見てみよう
第5章 さあ、自分たちで焼いてみよう
 お好み焼きの情報発信基地、WoodEgg お好み焼き館を紹介するよ
 広島と関西のお好み焼のつくり方
 お好み焼は栄養バランスの良いヘルシー食
 お好み焼を広めるためにいろいろな活動をしているよ
第6章 世界で、家庭で、広がるおいしさ
 お好み焼は世界中で食べられているよ

PAGETOP