メニュー閉じる

*いいなおすけ【井伊直弼】

(1815〜1860)幕末(ばくまつ大老(たいろう彦根藩主(ひこねはんしゅ直中(なおなかの14番めの子として生まれ,1850年,兄の死により彦根藩(ひこねはん35万石の藩主(はんしゅとなった。14代将軍(しょうぐん紀州(きしゅう和歌山(わかやま県)藩主(はんしゅ徳川慶福(とくがわよしとみ(のちの家茂(いえもち)を(譜代(ふだい大名の中心となり,1858年に大老(たいろうになると,朝廷(ちょうてい(ゆるしを待たずに独断(どくだんで日米修好(しゅうこう通商条約(じょうやく調印(ちょういん慶福(よしとみ将軍(しょうぐん(あとつぎと決めた。ついで反対(安政(あんせい大獄(たいごく弾圧(だんあつしたが,このため,反感をかって,水戸浪士(みとろうしにおそわれて江戸城(えどじょう桜田門外(さくらだもんがい暗殺(あんさつ桜田門外(さくらだもんがい(へん)された。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP