メニュー閉じる

**イオン

電気をおびた粒子(りゅうし(原子や原子(だん)のこと。陽イオンと(いんイオンとがある。

陽イオン

原子や分子などから何らかの方法(ほうほうで,電子をとりさると,全体としては正の電気をおびる。これを陽イオンまたは正イオン,+(プラスイオンという。

用例

水素(すいそイオンH+,ナトリウムイオンNa+(どうイオンCu2+

(いんイオン

原子や分子が外部から電子をとり入れると,全体としては負の電気をおびる。これを(いんイオンまたは負イオン,(マイナスイオンという。

用例

塩化(えんか物イオンCl水酸化(すいさんか物イオンOH硫酸(りゅうさんイオンSO42-

電解質(でんかいしつとイオン

電解質(でんかいしつが水にとけると電離(でんりして,陽イオンと(いんイオンになる。たとえば,塩化(えんかナトリウムNaClは次のように電離(でんりする。NaCl → Na+ + Cl

コーチ

イオンができるのは電解質溶液(でんかいしつようえきにかぎらない。放射線(ほうしゃせんで気体を照射(しょうしゃしたときや,気体をひじょうな高温度に加熱(かねつしたときなどもイオン化する。

PAGETOP