メニュー閉じる

イースター

イエス=キリストが死後3日めによみがえったことを記念(きねんして(いわう,キリスト教の祝日(しゅくじつ復活祭(ふっかつさいともいい,毎年,春分のあとの最初(さいしょ満月(まんげつの次の日曜日に行う。早朝の礼拝(れいはいを行い,各国(かっこくさまざまにいわうが,(たまご彩色(さいしょくする風習は古くから行われていたようである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP