メニュー閉じる

インフルエンザ

ウイルスが呼吸器系(こきゅうきけい感染(かんせんすることによる急性疾患(きゅうせいしっかん別名(べつめい流行性感冒(せいかんぼう高熱(こうねつ・せき・たんを主症状(しょうじょうとし,呼吸器(こきゅうき・消化(炎症(えんしょうをおこし,ときに神経系(しんけいけいにも影響(えいきょうをおよぼし,頭痛(ずつう不眠(ふみんや,意識(いしき混濁(こんだくなどをおこす。インフルエンザウイルスはA・B・C(がたなどに分けられる。A(がたは大流行をおこすことがあり,香港型(ホンコンがたやソ連型(れんがたもこれにふくまれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP