メニュー閉じる

ウイルスせいかんえん【ウイルス性肝炎】

ウイルスの感染(かんせんによっておこる肝臓(かんぞう炎症(えんしょう。おもなものにA・B・C(がたの3つがある。A型肝炎(がたかんえんは,水や食物などから感染(かんせんする急性肝炎(きゅうせいかんえんで,発熱(はつねつなどかぜににた症状(しょうじょうがおこり,40日ほどでなおる。B型肝炎(がたかんえんは,輸血(ゆけつや親から子など血液(けつえきを通して感染(かんせんする。幼児(ようじ期にかかると慢性(まんせい化しやすいが,大人になってからかかるとなおりが早い。C型肝炎(がたかんえんは,輸血(ゆけつなど血液(けつえきを通して感染(かんせんし,慢性(まんせい化しやすく,B型肝炎(がたかんえんよりやっかいである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP