メニュー閉じる

ウィルソンのきりばこ【ウィルソンの霧箱】

荷電粒子(りゅうし検出(けんしゅつ観測(かんそくするための装置(そうちで,アルゴンや飽和(ほうわ状態(じょうたいのアルコール蒸気(じょうきなどをガラス箱にとじこめたもの。箱の体積(たいせきを急に大きくすると,内部のアルコール蒸気(じょうきはひやされて(きり(つぶになりやすくなる。そのとき,箱の中を宇宙線(うちゅうせんγ(ガンマ線などが貫通(かんつうすると,それらの通り道でつくられる正,負イオンが(たねになって,アルコールの(きり(つぶが通り道にそってできるので飛跡(ひせきが見られる。◇宇宙線(うちゅうせん放射線(ほうしゃせんの研究などに利用(りようされたが,現在(げんざいでは教育用以外(いがいほとんど使われていない。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP