メニュー閉じる

*うえきえもり【植木枝盛】

(1857〜1892)明治(めいじ時代前期の政治(せいじ家。自由民権(みんけん運動の理論的指導(りろんてきしどう者。土佐(とさ高知(こうち県)藩士(はんしの家の生まれ。板垣退助(いたがきたいすけらの影響(えいきょうを受けて立志社(りっししゃ参加(さんかして以来(いらい,つねに自由民権(みんけん運動主流にあって活躍(かつやくし,1879(明治(めいじ12)年には『民権(みんけん自由(ろん』をあらわして民権(みんけんが国を強くする基礎(きそであるとのべた。また,立志社(りっししゃ憲法草案(けんぽうそうあんとして『日本国国憲案(こっけんあん』を書きあげた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP