メニュー閉じる

*うえすぎけんしん【上杉謙信】

(1530〜1578)越後(えちご国(新潟(にいがた県)の戦国(せんごく大名。越後(えちご守護代長尾為景(しゅごだいながおためかげの子。はじめ景虎(かげとらといい,1548年に兄晴景(はるかげ養子(ようしとなって家をつぎ,春日山城主(かすがやまじょうしゅとなって越後(えちご国を統一(とういつ。1561年には関東管領上杉氏(かんとうかんれいうえすぎしから(しょくとその(せいをゆずられて上杉(うえすぎを名のり,名も政虎(まさとら輝虎(てるとら,さらに謙信(けんしんとあらためた。武田信玄(たけだしんげん北条氏(ほうじょうしとしばしばたたかい,越中(えっちゅう国(富山(とやま県)を平定後,加賀(かが国・能登(のと国(ともに石川(いしかわ県)に進出して柴田勝家(しばたかついえ織田信長(おだのぶなが部将(ぶしょう)らをやぶったが,京都(きょうとにのぼる直前に急死した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP