メニュー閉じる

うえすぎのりざね【上杉憲実】

(1411〜1466)室町(むろまち時代中期の武将(ぶしょう関東管領(かんとうかんれい将軍(しょうぐん足利義教(あしかがよしのり(なかたがいした鎌倉公方足利持氏(かまくらくぼうあしかがもちうじにうとまれ,1438年に領国(りょうごく上野(こうずけ国(群馬(ぐんま県)に引退(いんたいしたが,持氏(もちうじがこれを(とうとしたため,関東(かんとう内乱状態(ないらんじょうたいになった(永享(えいきょう(らん)。持氏(もちうじ滅亡(めつぼう後,憲実(のりざねは出家した。

コーチ

学問をこのみ,足利(あしかが学校を再興(さいこうした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP