メニュー閉じる

うえすぎはるのり【上杉治憲】

(1751〜1822)江戸(えど時代中期の米沢(よねざわ山形(やまがた県)藩主(はんしゅ。号は鷹山(ようざん藩財政(はんざいせいの立てなおしのため率先(そっせんして倹約(けんやくにつとめ,養蚕(ようさん絹織物(きぬおりもの・ウルシなどの産業(さんぎょう開発,新田の開墾(かいこん奨励(しょうれい,農村には郷蔵(ごうぐらをもうけて非常(ひじょう用にもみをたくわえさせた。また,藩校(はんこう興譲館(こうじょうかんをたてて学問をさかんにするなど,名君として知られる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP