メニュー閉じる

うえだあきなり【上田秋成】

(1734〜1809)江戸(えど時代中期の国学者・歌人・読本(よみほん作者。『雨月(うげつ物語』の作者として名高い。大阪(おおさかに生まれる。名は東作(とうさく秋成(あきなりは号。不遇(ふぐうな生いたちであったが,国学や医学を学んで深い知識(ちしきを身につけた。歌人・随筆(ずいひつ家としても特色(とくしょくがあるが,浮世草子(うきよぞうし読本(よみほんなど,多方面の分野に活躍(かつやくした。多くの作品の中で,とくに物語の(すじのおもしろさをねらった読本(よみほんの『雨月(うげつ物語』『春雨(はるさめ物語』が有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP