メニュー閉じる

うえだびん【上田敏】

(1874〜1916)明治(めいじ時代の詩人・評論(ひょうろん家・英仏(えいふつ文学者。東京(とうきょうに生まれる。1905(明治(めいじ38)年に出版(しゅっぱんした訳詩集(やくししゅう海潮音(かいちょうおん』で知られている。この訳詩集(やくししゅうによって,日本の文学界にはじめてフランスの象徴(しょうちょう詩をつたえ,大きな影響(えいきょうをあたえた。ほかに自作の詩と訳詩(やくしをおさめた『牧羊神(ぼくようしん』や自伝的小説(じでんてきしょうせつ『うづまき』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP