メニュー閉じる

うえむらなおみ【植村直己 】

(1941〜1984)昭和時代(しょうわじだい登山家(とざんか冒険家(ぼうけんか兵庫県(ひょうごけん(まれる。明治大学山岳部(めいじだいがくさんがくぶ修行(しゅぎょうをつみ,数々(かずかず山行(さんこうをへて,1970(昭和(しょうわ45)年には日本人として(はじめて世界最高峰(せかいさいこうほうのエベレスト(さん(チョモランマ,8848m)の登頂(とうちょう成功(せいこうした。同年(どうねん北米最高峰(ほくべいさいこうほうのデナリ(さん(マッキンリー(さん,6194m)に登頂(とうちょうし,世界(せかい(はじめて5大陸最高峰(たいりくさいこうほう登頂(とうちょうをなしとげた。その(活動(かつどう極地(きょくち冒険(ぼうけん(うつし,(いぬぞりによる北極圏(ほっきょくけん1万2千km単独走破(たんどくそうはをなしとげた。1984(昭和(しょうわ59)年には(ふたたびデナリに(かい冬季単独登頂(とうきたんどくとうちょう成功(せいこうしたが,その後消息不明(ごしょうそくふめいとなった。同年(どうねん国民栄誉賞(こくみんえいよしょう受賞(じゅしょうした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP