メニュー閉じる

ウォーレスせん【ウォーレス線】

動物分布(ぶんぷのうえで,東洋区とオーストラリア区の(さかいをなす線の1つ。主として動物に(かんするもので,イギリスの博物(はくぶつ学者ウォーレス(1823〜1913)の研究によって明らかにされた。バリ島とロンボク島の間から北上してカリマンタン島・スラウェシ島間を通り,ミンダナオ島の南へぬける。これに対してオランダの動物学者ウェーバーの主張(しゅちょうしたものは,ウェーバー線とよばれ,これより東方に引かれている。この2つの線の間が,両区の移行地帯(いこうちたいと考えられる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP