メニュー閉じる

ウガンダ(共和国)

アフリカ中央部,ビクトリア湖の北岸に位置(いちする内陸(ないりく国。政体(せいたい共和制(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都カンパラ。赤道直下にあるが,標高(ひょうこう1200m程度(ていどの高原にあるため,気候(きこう比較的温暖(ひかくてきおんだん住民(じゅうみんのほとんどは農業に従事(じゅうじし,コーヒー・綿花(めんか重要(じゅうよう輸出(ゆしゅつむけ農産物(のうさんぶつ鉱業(こうぎょうはキレンベ銅山(どうざん(どうのほか,リン鉱石(こうせき・スズを採掘(さいくつ。1962年イギリスから独立(どくりつ面積(めんせき:24.2万km2,人口:3343万。

国名の由来

かつてこの地に(さかえた「ブガンダ王国」に由来。

国旗(こっきの由来

黒はアフリカの人々,黄は夜(けの太陽,赤は兄弟(あいを表している。国内では通常(つうじょう国鳥(こくちょうであるカンムリヅルのない(はたがもちいられる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP