メニュー閉じる

うきぐも【浮雲】

二葉亭四迷(ふたばていしめい未完(みかん小説(しょうせつ。1887(明治(めいじ20)〜1889年発表。学問もでき,新しい思想の持ち主だが,融通(ゆうずうのきかない性格(せいかくの青年内海文三(うつみぶんぞうが,失業(しつぎょうして人生にも(こいにもやぶれていく姿(すがたをえがいて,当時の社会や文明を裏側(うらがわからえがこうとした。

コーチ

わが国ではじめて話し言葉(口語)を用いて,言文一致(げんぶんいっちの文体で書かれたこの作品は,現実(げんじつ客観的(きゃっかんてきにえがこうとする最初(さいしょ本格的(ほんかくてきリアリズム小説(しょうせつとして文学史(ぶんがくしの上で重要(じゅうよう位置(いちをしめている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP