メニュー閉じる

*うじ【氏<歴史>】

大化(たいか改新(かいしん前の古代社会で,血縁(けつえんを中心にむすばれた豪族(ごうぞくの一族。一族((うじ)は居住(きょじゅう地や職務(しょくむの名を(うじの名として,(うじのかしら(氏上(うじのかみ)とその一族(氏人(うじびと)のほかに,(うじ私有民(しゆうみんである部民(べのたみ奴隷(どれいである奴婢(ぬひからなっていた。4世紀(せいき大和政権(やまとせいけんによる支配(しはいが強まると,中央の(うじ朝廷(ちょうてい(つかえて政治(せいじ分担(ぶんたんし,地方の(うじ国造(くにのみやつこ県主(あがたぬしなどとして地方の政治(せいじをみた。⇒氏姓制度(しせいせいど

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP