メニュー閉じる

うじのかみ【氏上】

古代における(うじのかしら。(うじを代表して氏神(うじがみをまつり,氏人(うじびと部民(べのたみ奴婢(ぬひなどの私有民(しゆうみんをひきいて朝廷(ちょうていに仕えた。大化(たいか改新(かいしん後,土地・人民(じんみん私的支配権(してきしはいけんをうしなったが,律令(りつりょう国家の役人として要職(ようしょくにつき,多くの特権(とっけんがみとめられた。平安時代以後(いご氏長者(うじのちょうじゃとよばれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP