メニュー閉じる

ウズベキスタン(共和国)

中央アジア南部,北はカザフスタン,南はトルクメニスタンに(せっする共和国(きょうわこく政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都タシケント。国土の大半がキジルクーム砂漠(さばく。南東部は山地で,山ろくぞいに都市が発達(はったつし,同国の中心をなす。かんがいによる綿花栽培(めんかさいばいや羊の飼育(しいくがさかんで,石油・天然(てんねんガスなどを産出(さんしゅつ。工業は農業機械(きかい紡績機械(ぼうせききかい綿紡織(めんぼうしょく発達(はったつする。住民(じゅうみんはトルコ(けいのウズベク人が主。(きゅう連邦(れんぽうの1共和国(きょうわこくで,1991年にソ連邦(れんぽうから独立(どくりつ。◇シルクロードの幹線(かんせんルートにあたり,サマルカンド・ブハラなどがさかえた。面積(めんせき:44.7万km2,人口:2745万。

国名の由来

かつてのキプチャク=ハン国のバツの玄孫(げんそん「ウズベク」の名に,国を表す「スタン」をつけたもの。

国旗(こっきの由来

青は空,白は国土,緑は農業を表す。三日月と12(の星は,イスラム教(が多いことをしめす。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP