メニュー閉じる

うずまきさいかん【渦巻細管】

渦巻管(うずまきかんの中にあり,渦巻管(うずまきかんにそってかたつむり(じょうにまいた(まくのふくろ。蝸牛殻管(かぎゅうかくかんともいう。上部は前庭膜(ぜんていまく前庭階(ぜんていかいと,下部は基底膜(きていまく鼓室階(こしつかい(せっし,内部は内リンパでみたされている。基底膜(きていまくにコルティ(があり,そこに聴覚細胞(ちょうかくさいぼうがならんでいる。(くだの内外のリンパが鼓膜(こまく振動(しんどうを受けて振動(しんどうすると,その刺激(しげき聴覚細胞(ちょうかくさいぼう興奮(こうふんし,聴神経(ちょうしんけいによってそれを大脳(だいのうにつたえる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP