メニュー閉じる

うたよみにあたうるしょ【歌よみに与ふる書】

正岡子規(まさおかしき歌論(かろん書。1898(明治(めいじ31)年発表。『古今和歌集(こきんわかしゅう以来(いらいの,形式や技巧(ぎこうにとらわれた和歌の古くささを強く非難(ひなんし,主観(しゅかん理屈(りくつをさけてあるがままの客観(きゃっかん・写生を重んじることをとなえ,近代短歌の発展(はってんに大きな役割(やくわりをはたした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP