メニュー閉じる

*うちむらかんぞう【内村鑑三】

(1861〜1930)明治(めいじ〜昭和時代の宗教(しゅうきょう家。高崎藩(たかさきはん群馬(ぐんま県)の武士(ぶしの子。札幌(さっぽろ農学校でクラークの影響(えいきょうを受けてキリスト教(となり,さらに渡米(とべいして神学を学んだ。帰国後,第一高等中学校の教壇(きょうだんに立ったが,教育勅語(ちょくごに対する不敬事件(ふけいじけんでやめさせられた。ついで『万朝報(よろずちょうほう』の記者となり,日露戦争(にちろせんそうがおこりそうになると,人類愛(じんるいあいの立場から非戦論(ひせんろんをとなえて退社(たいしゃ以後(いご雑誌(ざっし聖書之研究(せいしょのけんきゅう』を出して自分のキリスト教信仰(しんこうをのべ,信仰(しんこうには教会はいらないという無教会派(むきょうかいはのキリスト教を開いた。著書(ちょしょは『(如何(いかにして基督(キリスト教徒となりし(』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP