メニュー閉じる

うちゅうせん【宇宙線】

宇宙(うちゅう空間に存在(そんざいする高エネルギーの放射線(ほうしゃせんと,それが地球大気にとびこんでできる放射線(ほうしゃせん総称(そうしょう。地上で観測(かんそくされる宇宙線(うちゅうせんには,宇宙(うちゅう空間から直接(ちょくせつ入ってくる1次宇宙線(うちゅうせんのほかに,大気中の酸素(さんそ窒素(ちっそなどと衝突(しょうとつして新たに生じる2次宇宙線(うちゅうせんとがある。1次宇宙線(うちゅうせん(やく90%は光に近い速さでとびまわっている陽子で,のこりの大部分はヘリウムの原子(かくである。この粒子(りゅうしが大気中の原子(かく衝突(しょうとつしてπ(パイ中間子・電子などを生じ,π(パイ中間子は崩壊(ほうかいしてμ粒子(ミューりゅうしとなる。地表に(たっする宇宙線(うちゅうせんは,主としてμ粒子(ミューりゅうしと電子である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP