メニュー閉じる

ウミニナ

内湾(ないわん干潟(ひがたに,ばらまいたようにたくさんいる細長い((がい(からの表面が石畳状(いしだたみじょうであるが,模様(もようや色に変化(へんかが多い。(からの上に,よく小さなかさの貝(ツボミガイ)をつけている。外洋に面した海岸には,よくにたホソウミニナがすむ。殻長(かくちょう:2.7cm。分布(ぶんぷ:本州から九州まで。(軟体(なんたい動物 (き貝(るい ニナ目 ウミニナ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP