メニュー閉じる

うめざきはるお【梅崎春生】

(1915〜1965)昭和時代の小説(しょうせつ家。福岡(ふくおか市に生まれる。第二次世界大戦(たいせん終戦(しゅうせんまで九州の陸上基地(りくじょうきち転々(てんてんとし,この時の体験(たいけんをえがいた『桜島』で注目される。作品に『ボロ(春秋(しゅんじゅう』(直木賞(なおきしょう受賞(じゅしょう)『砂時計(すなどけい』『幻化(げんか』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP