メニュー閉じる

ウラギンスジヒョウモン

(めす(おすより大きく,羽の表面が黄色をおびる。オオウラギンスジヒョウモンにくらべると,やや低山性(ていざんせいのチョウ。年1回,6(がつから羽化を始める。夏にはほとんど活動せず,秋にふたたび姿(すがたをあらわす。林縁(りんえん湿地(しっち近くの草地にすみ,アザミ(るいやヒヨドリバナ,シシウドなどで吸蜜(きゅうみつする。同じ花に(れて集まることもある。開張(かいちょう:55〜70mm。(られる時期(じき:5〜7(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP